DoubleMintGum

I'm a Feminist,Shipper,Slasher and Fan girl.

Double your pleasure Double your fun,With Doublemint Doublemint gum.

犬と조승우

⬇︎2017年に書いたものをまとめた。

以前、何回か승우が着ているのを見たklorenzというブランド。
ここは、毎月の収益の半分を捨てられた動物の保護施設に寄付しており保護施設が自立出来るように支援しているブランドだそうです。

klorenz.com

f:id:linlinsz81:20190326001643p:plain
f:id:linlinsz81:20190326001642p:plain

승우が着ているのと同じTシャツ、バックプリントにしっかりメッセージがある。

f:id:linlinsz81:20190326001641p:plain

ハジョッシに、승우んちの子を養ってくれないかという話がいった、っていうのもあるし。승우もどこかのうちの子たちを引き取ってるのかな?と。

linlinsz81.hatenablog.com「映画『お嬢さん』製作のイム・スンリョンがサプサル犬を飼わないかって言ってきたんですよ。조승우知ってます?승우がサプサル犬を飼ってるんです。(승우んちの子を一匹)養育してくれないかと言われたが(自分の家にも既に犬がいて)三匹は無理だから断ったんです」

以前ぺ・ドゥナのインタビューが載ったOh Boy!は韓国のフリーマガジンで、セレクトショップやカフェに置いてある。
デザイナーである編集長が、自分の犬が亡くなった事から創刊した雑誌なので巻末に必ず「ペットショップで動物を買わないで下さい。捨てられた動物たちのオーナーになって下さい」というメッセージを特集した芸能人やアーティストと一緒に掲載してるんだって。だからぺ・ドゥナのインタビューも載ったんだよねー。

linlinsz81.hatenablog.comklorenzでお買い物するとこんなカードがついてくるよ…
こんにちは!私はあなたが救ってくれた犬または猫の一匹です。お互い顔は知らないけど、私のような境遇の友達がいると知って行動してくれて、道に迷った私がちょっとだけ幸せに暮らせるように支援してくれて心から感謝 : )
みたいな内容かな。

f:id:linlinsz81:20190326001640j:plain

www.instagram.comイ・ギュヒョンさんもklorenzを支援します!と。승우の影響ですか??

f:id:linlinsz81:20190326001639p:plain

ドラマ『라이프』でも劇中、遺棄動物保護センターが登場する。
施設から승우演じるスンヒョが子犬を連れて帰るシーンがあるのだが、あれも実際の승우から得た着想では?なんて思ってた。
(ちなみに保護センターから即日子犬を連れ帰る描写は、あれ?そんな簡単に譲渡していいの?譲渡適正判断とか色々厳しいはずだけど?とちょっと引っかかりました)

f:id:linlinsz81:20190326010120j:plain

f:id:linlinsz81:20190326010119j:plain
f:id:linlinsz81:20190326010118j:plain
f:id:linlinsz81:20190326010117j:plain
f:id:linlinsz81:20190326010115j:plain

f:id:linlinsz81:20190326010116j:plain

⬇︎劇中登場する子犬の撮影の話など。

 撮影中にじっとしていられなくて大変だったが、조승우氏が瞬間的なアドリブでカバーして下さったおかげで、早く撮影を終える事が出来ました。

m.blog.naver.com

m.blog.naver.com

f:id:linlinsz81:20190326010121j:plain

linlinsz81.hatenablog.com「13歳になった犬と一緒に住んでいます。名前は旦風。先日大手術をしました。胆嚢を取りました。耳もよく聞こえません。最近は一緒に眠る。今は友達が散歩をさせたり洗ってくれます。こんなに忙しい時はずっと旦風の事を考えてます。もっと年を取る前に良くしてあげたい」

linlinsz81.hatenablog.com「13歳の旦風と暮らしていますがそれがきっかけでサプサル広報大使をするようになった。ミュージカル公演をした時、パク・カーリン音楽監督の家に招かれたが、サプサル犬が二匹いた。賢明な姿がとても魅力的だった。それで心を奪われてしまった。その前に飼っていたマルティーズが亡くなりその子の目が忘れられなくて懐かしかった。パク・カーリン監督の犬の目はマルティーズと同じだった。それでその日からサプサル犬を育てなければ、という気になりそれが縁になって今まで元気に育てている」

※素人の意訳ですが、全ての翻訳文章の無断転載及び無断引用禁止です。