DoubleMintGum

I'm a Feminist,Shipper,Slasher and Fan girl.

Double your pleasure Double your fun,With Doublemint Doublemint gum.

「誰かのロールモデルになるということ 」

조승우は、後輩たちの口からロールモデルとして最も多く言及される俳優の一人だ。実際に他の俳優たちのインタビュー記事の中で関連内容に関わらず何度も聞く。
ドラマ、映画、ミュージカルの三分野を行き来しながら活躍中のジャンル不問代替不可な俳優がまさに조승우だ。
誰かのロールモデルになるということはどんな気持ちだろう。

「当然、ありがたくて気分のいいことだ。ところが、一方ではとても負担もある」

実際に自分をロールモデルとして言及した後輩とある作品で共演したことがあるという。自分を一種の「ファンタジー」として見ている、その重圧感は表現し切れなかった。

「一度こんなことがありました。僕をロールモデルに挙げていた後輩が「ヒョンに憧れて私は俳優になりました」と言い、同じ作品に入ったのです。「よく来てくれた。楽しくやろう」と嬉しい気持ちで応援していたのに、実際に公演の練習入りの時、心の片隅に負担があったんです。僕がロールモデルと言ってたが、失望されたらどうしよう。このような負担です。 公演でミスをすればがっかりされるかも、もし変な姿を見せてしまったらどうしようと。 後輩たちに感謝する一方で肩の荷が重くなる」

だが、彼にとっても過去先輩俳優を見て憧れていた時代があった。経験が連なっている彼の演技論は、そのためより重く感じられる。


「自分が追求するものが確かにあるべきだと思います。演技者として技術的なものも重要だが、どんな俳優になりたいのか、どんな作品と役割を通じて表現したいメッセージが何か、作品と観客との媒介体になれるかが重要だという話です。
何よりも重要なのは僕が俳優として、彼らにどれほど良い影響を与え得るものかどうかを考えてみなければならないということです。どんな作品を見て僕が俳優になりたいと夢見て人生が変わったようにね」

そのためだろうか。インタビューに臨む조승우は、一つ一つの答えに気をつけていた。
周辺に対する配慮が見られた。
敏感になる恐れのある質問には
「誰かを傷付ける恐れがありますので、50歳ぐらいなった後に答える」
と冗談を交えて配慮した。
作品に対する格別な愛着、高度な真剣さ、対話のいたるところで流れるユーモアが人間味いっぱいの俳優조승우に魅力を添えている。

※素人の意訳ですが、全ての翻訳文章の無断転載及び無断引用禁止です。