DoubleMintGum

I'm a Feminist,Shipper,Slasher and Fan girl.

Double your pleasure Double your fun,With Doublemint Doublemint gum.

ビートルズ

Ctfxqg2vyaart_jpg_large ロン・ハワード監督のビートルズドキュメンタリー見てきた。まさか泣かされるとは思わなかった。いや、私が勝手に泣いただけか。
ビートルズはうちの家族が1966年来日公演を見ているリアルビートルズ世代なのでうちにはLPレコードがあり、中学生の時にとことん嵌りました。歌詞が知りたくて英語の授業も頑張りました。ほぼ全曲歌えるよ。
そんな私なのでゴシップ的なビートルズエピソードもほぼ把握してるんだけどロン・ハワード監督の捨拾選択はお見事。ビートルズというバンドにのみフォーカスしてそのツアーと時代流れを追う形。オノヨーコなんて1mmたりとも出てきません。それがいいのか悪いのかは置いといて。ビートルズって有名だけどよく知らない人が見たらもっと発見もあるのかもしれない。
例えば「シング・ストリート」のあの二人がバンドで成功していく物語でもあり、「キングスマン」で紳士になっていくエグジーの物語でもあるなと思った。そういう作り方をしていたな、ロン・ハワードはレノン+マッカートニーを、というかビートルズ四人を「バディ」として描きたかったんだなーと。
あの超有名な最後のライブ(アップルビルの屋上で演奏してるあれですよ)サビルロウだったねー、って。一緒に見ていた家族が「昔は自分も子供だったからよく分かってなかったけど全員記者会見時での皮肉が凄かったんだね!って言ってました。
映画本編が終わった後にリマスターした当時のスタジアムライブ映像上映されるんだが!PAなんてなくて自分の声や楽器の音が全く聞こえない状態でも演奏がずれてないのが、もう。