DoubleMintGum

I'm a Feminist,Shipper,Slasher and Fan girl.

Double your pleasure Double your fun,With Doublemint Doublemint gum.

イ・ドンジン氏による승우インタビュー 2

入隊三日前の조승우

『GO GO 70s』DVDのコメンタリーを、승우と차차兄さんとシン・ミナちゃんと収録してその時イ・ドンジンさんも参加?マジか、どうせ聞いても分からないからコメンタリーまだ再生してなかったよ。

⬇︎イ・ドンジンさん曰く

『GO GO 70s』は2008年の韓国映画の中で最も低評価された作品で、もっと評価されるべき!
승우とはインタビューで二回、シン・ミナとは釜山国際映画祭で、チャ・スンウ氏とは初対面。

三人とも口数が少ないほうなのでコメンタリー収録の時会話が途切れぎこちない空気が流れたらどうしようかと心配していたが、いざ収録すると三人ともよく喋ってくれた。多分この映画に愛情があるからだろう。
その日録音が終わり一緒にサムギョプサルを食べに行った。収録中には全くそんな話題を出さなかったが酒が入った勢いで승우に入隊日はいつか尋ねた。승우は既に頭を丸刈りにしていた。そのためかただでさえ小さい彼の顔がより小さく見えた。彼はにっこり笑うだけで答えない。そんな風に黙って笑っている時の彼は本当に若年寄のようだと思える。
「昨日も友達と飲みに行ったんです。ところがそいつらが酔って大声でさあ승우の入隊のために!と乾杯の音頭まで取らされた。そんな事はしないでほしいです。静かに行きたいんだけどみんな何でそういう風にするのか分かりません」
以降は、兵役の話はせず他の話題で楽しく飲んだ。
帰る際も승우に頑張って行ってきてというかちょっと悩んだがその言葉は口にせず別れの挨拶だけをした。
その三日後ニュースを見たら15日午後に彼がスタッフや友達にも知らせず、入隊をした。
そんな姿も徹底的に조승우だ。
『GO GO 70s』公開前に彼にインタビューをした⬇︎

 

それは今年最も印象深いインタビューだった。実際彼はインタビューではちょっと気難しい面もある。
ところがその日は多くを語ってくれた。
特に彼との会話ではある種タブーとされていた彼の父親の話だった。
私はそれをよく知っていたのであの日も慎重に尋ねたところ、彼の方から積極的に本音を語ってくれた。
インタビューの途中で何度か彼が話をやめた瞬間があり、その時は私も胸が熱くなった。
例えばこんな時…

ーお姉さんやお母さんはこの映画をご覧になりましたか?
姉は映画を気に入りました。 その後最後にこう言った。 「これ、パパが見たら嫌な顔をする」


ーデビュー後数年の間、あなたは自分の父が70年代の代表的な歌手だったチョ・ギョンスさんという事実について口を閉ざした。 これまでも、私はチョ・スンウさんが父のことを語るインタビューを見たことがない。(略)

ーそれでは、今はいかがでしょう。
今は何もありません。 会ってないですけど。(略)

ーお父様は今韓国にいらっしゃるんでしょう?
韓国にいます。健康に暮らして欲しいですね。お酒も減らして。お幸せにと。

という会話の中で「父のいない寂しさを母が見事に補完してくれたから。父には既に他に家庭があったので」と言った時と
「健康に暮らして欲しいですね。お幸せに」と語った時が特にそうだった。

そういえばこの時インタビュー冒頭で「彼の言葉を書き取っている時何回かじんとくる瞬間があった。チョ・スンウも多分そうだったのではないか」って書いてあるわ…

 ⬇︎以上、イ・ドンジン氏のブログ記事より。

언제나 영화처럼 : 네이버 블로그

 

※素人の意訳ですが、全ての翻訳文章の無断転載及び無断引用禁止です。